イベント報告

HOME | イベント報告

event report

イベント報告

広島チャプター勉強会・イベントのレポートです。

2021年5月のイベント報告
『中国地方チャプター合同オンライン学習会~コーチングの可能性を語り合う』

日時:5月16日() 13:001700
会場:オンライン(zoom)
主催:日本コーチ協会中国地方合同学習会実行委員
   (ホスト:日本コーチ協会岡山チャプター事務局)
共催:日本コーチ協会広島チャプター/山口チャプター/
    山陰チャプター
レポート:岩元佳子(かこ)

オンラインでの広島・岡山・山口・山陰チャプター合同学習会でした。

≪パート1≫ コーチング活用実践事例紹介と分科会
参加者の皆さん、それぞれテーマを選んで分科会に参加しました。
分科会1 大学におけるコーチング 岡山チャプター 佐藤典子
分科会2 企業の人財育成 山陰チャプター 足立博俊
分科会3 1on1コーチング 広島チャプター 岩元佳子
分科会4 大人の引きこもり支援~家族と当事者に寄り添うコーチング
        山口チャプター 温品富美子
分科会5 特別支援教育とコーチング 岡山チャプター 小野友之

どの分科会も興味深く、私も他の分科会にも参加したかったぐらい。
後日動画配信もあるので、楽しみにしています。

≪パート2≫ やってみようコーチング体験「コーチングパティオ」
いつも広島チャプターでやっている「コーチングパティオ」の90分
バージョン。コーチングを受ける・観る・やってみる。初めての方も
コーチ役に挑戦して、いつもの会話とは違う感覚をもったそうです。
今回の合同学習会は初めてオンラインで実施しましたが、
オンラインならではの特性を生かして、学びの場を創造できたのでは
ないかと思います。

2021年3月のイベント報告~『コミュニティーでつながるコーチング』

日時:3月14日(日)10:00〜12:00
会場:オンライン(zoom)
進行:アリー(三上弘恵)、うにちゃん(瀬山里美)
レポート:ひとみ(森田ひとみ)

今月の勉強会は、今年度のテーマ『つながる』の最後の勉強会
「コミュニティでつながるコーチング」でした。
本日は5名の参加者で、ホスト役のかこさん(岩元佳子)と
本日の進行役2名の連携で、オンラインでの実施でした。
少人数でしたが、和やかな雰囲気で濃厚なコーチング勉強会となり
たくさんの気づきがありました。

マツダミヒロ著
『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』から、
コミュニティマインドを各人の経験をもとにひも解いていきました。

<コミュニティマインド>
1.弱いつながりから
2.相手の良いところを見つける
3.何かしてもらうという考え方をすてる
4.まずは自分を満たす
5.ジャッジしない

まず、弱いつながりから始まって、しっかりとしたコミュニティになった経験
を話したことで、自分が成長したり、豊かに生きるためにコミュニティが
どのような役割を果たしてるのかを深く考えるきっかけとなりました。
苦手感を持つ人にどのようにかかわっているかをお互いシェアし、
相手の良いところを見る姿勢はすべてにおいて重要だと気づきました。

また、自分に余裕のない精神状態では、良いところを見たり、相手に求め
ないことは難しいけれど、シャンパンタワーのトップが自分だとしたら、
トップがあふれて初めて他のグラスも満たされるので、自分を満たすこと
はやはり大切だと再確認させてもらいました。

コーチングにおいてもジャッジしない姿勢はとても大切ですが、
コミュニティにおいても、『普通』のおしつけや、相手を否定したり批判しない
ことは、良い人間関係を築く上での基盤だと感じました。
各項目ごとに他の人のお話が聞けたことはとても有意義でした。

今回の勉強会を通して感じたのは、
“私のコミュニテイ”と主体的に捉えること―
これが、自由に生きることに繋がっていくという気がしました。
私自身もこれから作っていきたいコミュニティが明確になり、
目標が新たにできた有意義なひと時になりました。
最後に全員で感想を言って笑顔で終了しました。

2021年2月のイベント報告~『人と組織をつなげるコーチング』

日時:2月20日(土)10:00〜12:00
会場:オンライン(zoom)
進行:やまちゃん(山根弘和)、よっしー(吉村光伸)
レポート:よっしー(吉村光伸)

チェックインでは、ウキウキ・ニコニコ・ビクビク・ドキドキ・
シクシク・イヤイヤ・プンプン・ワクワクの8種類のカードの中
から今の気持ちを選んで、発表しました。カードがあることで、
今の状態を言いやすくなりました。

まずは、組織の成功循環モデルの説明がありました。
関係の質→思考の質→行動の質→結果の質というのがあり、人間
関係が良くならないと、思考(アイデア)も悪くなり、行動も悪く
なり、結果的に成果が悪い影響が出る。すべての始まりは、人間
関係を改善することから始まるとの事でした。

人間関係やチームをよくするためには、最近よく耳にする「心理
的安全性」が重要との事で、「日本版チームの安全性の因子とは」
で4つの因子との事でした。①話しやすさ(何を言っても大丈夫)
②助け合い(困ったときはお互い様)③挑戦(取り合えずやって
みよう)④新奇歓迎(異能、どんとこい)がありました。

4つを踏まえて自分の属するチームは、どのような状態かをディス
カッションを行いました。今回は、広島チャプターについて話を行
い、「話しやすさも、挑戦もここではさせてくれる。」「新奇歓迎
の部分が少し弱い気がする」などいろいろな意見が飛び交いました。

自分の職場でも、組織の成功循環モデルを意識しながら、結果あり
きで話をするのでなく、まずは人間関係→思考→行動→結果を意識
しての流れを意識してコミュニケーションをとりたいと思います。

2021年1月のイベント報告~『過去から未来へつなげる目標設定』

日時:1月13日(水) 20:00~22:00
会場:オンライン(zoom)
進行:ゆぅのすけ(大谷優子)、ひとみ(森田ひとみ)
レポート:スミコ(宮田純子)

2021年!
未曽有の2020年が終わり、さあ今年はどう過ごそう?何を掲げて
進めばいい?頭の中にいくつかぼんやりとしたいことはあるものの、
実現に向かうにはどうしたらいい?

そんなこの時期にぴったりの勉強会に参加しない手はない!
大急ぎで夕食の片づけを終わらせ、パソコンの前で深呼吸していざ
URLをクリック。この1年、もうおなじみになったzoomの操作だけ
れど、やはり勉強会の前はワクワク&ドキドキ。

今回のテーマは「過去から未来へつなげる目標設定」。
過去と未来のギャップを探るのではなく、“つなげる”ってどういう
こと?と勉強会前から興味津々でしたが、
なるほど!1つの目のワークは
「子どもの頃に好きだったこと」。

幼少期、児童期、思春期に分けて、たくさんの“好き”を書き出す
ことからスタートしました。書いても書いてもほぼ“インドア”
ばかり出てくるワタシ。最近Googleで「あなた昨年40キロしか
歩いてないですよー」と表示されたことが思い出され、思わず笑って
しまいました。

気づきをシェアした後、2つ目のワーク以降は
「1年後の今日、どんな自分になっていたい?」
「なぜそれを叶えたい?」
をメインに進んでいきました。目的、目標設定のワークなどを経て、
最後の
「目標が叶った1年後の自分になりきってインタビューに答える!」
ワークでは、もう私の目標は完全に叶っていました(ビックリ!)

ワクワクやイメージがここまで引き出せる“コーチング”って、
やっぱりすごい。もっともっと上手になりたい!と今回も改めて
思った、楽しい時間でした。

今回、最後にある方がおっしゃった感想が非常に印象的だったので
許可を得てここに引用します。

「○○さんの、
『望む状態がリアルにイメージできて、いい気持ちに浸ってました、
どうやったらできるか全然わかんないんだけど』
というコメントがすごいなぁと思いました。
普段、現実的に考えてしまって、達成できそうなサイズの未来しか
イメージできないことが多いけど、現在の状態に制限されることなく
望む未来を思い描くことにはすごいパワーがあると感じました」

…ほんとにそう!現在の延長なんてつまんない!
最後の最後まで!すごいパワーと勇気をもらえた勉強会でした。
今日話した目標は、きっと来年1月までに達成します(^^)/

Past Activities

過去の活動

過去の活動①

2015年4月から
2020年12月まで

過去の活動②

2013年4月から
2015年3月まで